【初級編】副業でブログ運営するならトレンド系はやめとけ

【初級編】副業でブログ運営するならトレンド系はやめとけ

2018年9月12日稼げる仕事

先日、「副業で100万円を稼ぐ方法」を公開しましたが、そちらを見てやる気になっている方も多いことでしょう。

しかし、いざ始めよう!となった際、どのジャンルを選べば良いのか?第一の壁にぶち当たります。そこそこ経験がある私でも心底悩むことなので、一から始める初心者の方なら尚更のはず。

そこで今回は、ジャンルの選び方などを解説していこうと思います。また、タイトルにもある通り、トレンド系メディアを避けた方が良い理由も合わせて紹介します。

ブログ運営において非常に大事なポイントなので心してご覧ください。

伝助
「なぜブログ運営が副業に適しているのか?」以下の記事で説明しているので、そちらから読んだ方が分かりやすいです。

ブログサイトのジャンル選び

ブログサイトのジャンル選び

それでは早速、一から始める方が「どのようにジャンルを選べば良いのか」アドバイスをさせてもらいます。

但し、これからお伝えすることが100%正しいとは限りません。あくまでアドバイスとして受け止めてもらい、自分の考えも考慮して慎重に決めてください。

最も重要なポイントはあなたが好きなこと

まず、ブログのジャンル選びで優先するのは、あなたに感心や興味があるものを選ぶこと。良質なコンテンツを作るには自論の展開も必要ですし、なによりあなたのモチベーション維持に繋がります。

背伸びしたジャンルに挑戦することも大事ですが、慣れないうちは更新するのが楽しくなるようなジャンル選びを心がけましょう。

マネタイズ(収益)は二の次で考える

ブログ運営の目的はもちろん収益化ですが、そればかり考えて”案件ありき”で選んでしまうとネタ不足に陥り、時期早々に更新頻度が低くなります。

それでは本末転倒となってしまうため、立ち上げ当初はマネタイズについてあまり考えず、誰が見ても面白い!と感じてもらえる記事づくりに専念してください。マネタイズはもっと後のタスクとなります。

「特化型 or 雑記」どっちが良い?

特化型ブログは1つの大きなジャンルに絞って展開していくもので、雑記ブログはジャンルに捉われず日記のような形式のブログです。

では、初心者ならどちらの方が良いのか?その答えは…

雑記ブログをおすすめしたい

特化型ブログの場合、専門的な知識や書き方にそれなりのスキルが求められます。また、ネタ切れになるのが早く、個人で運営するにはちょっと難易度が高いかもしれません。

ただ、ネットには「特化型の方が稼げる!」といった不安を誘う情報が沢山あり、本当に雑記ブログで良かったのか迷うこともあるでしょう。

しかし、大した内容の記事も書けないのに、1つのジャンルで勝ち残れる訳ありません。まずは幅広いジャンルの記事を作成し、ライターとしてのスキルアップ、自分に合ったものを探してください。

余談ですが、特化型ブログの主要キーワードを雑記ブログでも抜くことはできます。最近は「良いものが上位へ」表示されるので、雑記ブログでも良いものを書けば良いのです。

トレンド系をおすすめしない3つの理由

トレンド系をおすすめしない3つの理由

ブログジャンルで初心者に大人気の「トレンド系」。アクセスが集めやすいうえ、ネタ切れする心配もありませんが、私の中では以下の理由から絶対におすすめすることはありません。

自分のペースで更新作業ができない

トレンド系のブログを運営する場合、世の中のホットなニュースをどこよりも早く取り上げ、ユーザーの関心度が高いうちに更新しなくては成り立ちません。その為、常にパソコンの前に貼りつける人以外、大手メディアなどのスピード感に勝つことは出来ません。

あなたに四六時中、ニュースを追っかけることができますか?もし、できないなら別のジャンルをおすすめします。

更新ストップ時の収益下落が激しい

仮にトレンド系のブログでアクセスが増加したとしても、一旦更新をストップしてしまうとその喜びは一瞬で消え去ります。

ツイッターを例に挙げると、#トレンドで急上昇すれば一時的に話題となりますが、早ければ次の日には誰もつぶやかなくなりますよね。それと同じで、運よくトレンドワードで検索上位を獲得しても、そのアクセスを保つことはできません。

もちろん、一瞬でも喜べる時間があるだけマシかもしれません。しかし、せっかくなら更新しない間も収益が生まれるブログを作りたいですよね!

だったらトレンドに関係ないジャンルを選び、地味な成長であってもそれを積み重ねてどんどん大きくしてください。

訪問者の”質”が悪い

ブログで収益を生ませるには「訪問者の質」がカギとなります。

トレンドワードに釣られて訪問したユーザーに共通しているのは、その時話題になった情報を得られればそれで良く、決してあなたのサイトに興味がある訳じゃないということ。

そんなユーザーが収益源になる可能性は極めて低く、ただアクセス数を良く見せるためだけの価値しかありません。

ちなみに、1日100人ぐらいに読まれる記事を5年ぐらい前にアップしましたが、その記事だけで月50万円ぐらいの収益が生まれています。トレンドに流されず、本当に良い記事であればアクセス数なんて関係ないのです。

「アクセス数=サイトの価値」これ間違い。

ユーザーの質×アクセス数=サイトの価値」ですから。

伝助
月間500万PVのサイトも持ってますが、一番収益が上がっているのは月間10万PVのサイトです。

まとめ

ブログ運営というのは正しい知識があり、良いコンテンツを提供できれば月に100万円ぐらいは楽に稼げます。

それなのに、アクセスを集めることしか考えず、時間と労力を無駄な作業に費やす人が多すぎる…。とはいえ、全員がハイレベルな人間になってしまうと私の収益も減っちゃうので、触らぬ神に祟りなしですかねw

ただ、本気でやっていきたい人だけは応援したい気持ちもあります。メール等のレスポンスは良くない方ですが、気になること、質問したいことがあれば気軽に連絡ください。

問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文